御朔日詣り〜香椎宮〜

By | 2017/02/01

「わたしを愛する生きかた」BrillianceDropのマノアじゅんです。

1日は「御朔日詣り(おついたちまいり)と言って
心身を清め、無事に過せた感謝とこれからの時間を感謝する日ですね。

 

今月は香椎宮http://kashiigu.com)に詣でて来ました。

IMG_9261
立春前の節分の準備で、すでにおたふくが飾られていました。

Processed with MOLDIV

 

縁起いいかも〜〜と、このお口の中を通ります。

 

御手水の先に、「開運」と言われる狛犬さんが居ます。
Processed with MOLDIV
凛々しい姿に、優しく撫でるといいそうですよ。

 

 

 

境内に入ると、神聖な空気に満たされた広い場所。

入ってスグ、綾杉がどど〜ん!

Processed with MOLDIV Processed with MOLDIV

 

とても立派な綾杉とその樹齢にビックリです。

 

Processed with MOLDIV

 

なんて立派な拝殿でしょうね。

伊勢神宮に次ぐ、扱いを受けると言う由緒正しい神宮。
桜井神宮といい、香椎宮といい、伊勢神宮と深い関わりのある神宮が福岡市にもあるのですね。

ここは、市内からいうと東方面。

福岡市あるあるですが、
「東」によく訪れる人と、「西」に訪れる人が分かれます。

 

桜井神宮は、伊勢神宮の分霊が祀られている「西」
香椎宮は、神功皇后躬ら祠を建て、仲哀天皇の神霊を祀給うたのが起源の神宮で「東」です。

 

私も、香椎宮には、今年になって初めて訪れました。

偶然ですが、「どんど焼き」にいつも行く神社では日にちが過ぎていたので、
どこかやってないかなと探したところ、香椎宮だったのです。

 

「「東」か。馴染みないけどな」と思いつつも
しめ縄を粗末に出来ないとの思いから、行ってみました。

 

「な、なんて、素晴らしいところなの??」とビックリ!

それで、2月の御朔日詣りにも伺って参りました。

Processed with MOLDIV

この御紋からも、想像できることがありますよね。

 

Processed with MOLDIV
IMG_9120 IMG_9118
鳥を祀る「鶏石神社

 

そのお隣には、「稲荷神社」があります。

Processed with MOLDIV

IMG_9121

 

Processed with MOLDIV

この樹もすごいですね!
ほこらがあり、ここで旅人や動物たちが休んだのかなと想像が膨らみます。

 

Processed with MOLDIVProcessed with MOLDIV

他にも、こうやって動物の銅像が祀られているというのも珍しいかと思います。

 

Processed with MOLDIV

Processed with MOLDIV Processed with MOLDIV Processed with MOLDIV

 

私は夕陽が好きなので、夕方に参拝に訪れることが多いのですが
ここは、カメラを向けると、太陽の光が注ぎ込んで
祝福されている気分になります。

神聖な場所を、一歩一歩、歩みながら
太陽の美しさや暖かさを感じ、感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

本殿を出た後、駐車場の近くの池には、
弁財天社が祀られています。

とっても美しい、弁財天様。

IMG_9305

 

IMG_9306Processed with MOLDIV

 

 

私たちは、割と普通に神社の参拝に訪れますが
ふと思うのです。

 

こんなに神聖な空間が、汚されること無く、
とても広いスペースで、保たれているって、
実はすごく特別なこと何じゃないかと。

いつでも訪れることが出来て、自由に出入りできて
ゆっくりと内なる静けさと共に、歩ける場所。

 

帰りにね、トイレに寄ったんです。

 

綺麗に掃除がされていて、トイレットペーパーもセットされていて
出入りするたびに、電気を付けたり消したりと、
人が自主的に行なう節電。

古くはあるけれど、床のタイルも汚れておらず
安心して利用できます。

 

 

日本の当たり前の素晴らしさに、感動しました!

 

世界にもたくさんの遺跡や、パワースポットもありますし
緑溢れる公園もたくさんあります。

日本は、小さな国土であるにも関わらず
手入れの充分に行き届いた、誰もが自由に出入りできる
神聖な空間。

 

この場所に行くと、身体もこころも、俗世の汚れが聖なるものに同調するかのような感じです。

 

この身体は、魂がまとう現世の乗物であるならば
お役御免になるまで、しっかりと手入れをすることも
魂の役割だと思うのです。

 

いつの時代になっても、天皇に暖かなもの感じてしまうのと同じく
神様の子孫が国のトップに立っていることは、神国と呼ばれる由縁ですよね。

 

 

manoalogo2

 

 

「わたしを愛する」ということは、魂が選んだ地球人生を尊重することだと思います。

年を重ねる毎に、この身体を大切にしたいと思う気持ちも深まります。

そうする行為は、「わたし自身」を思いやり、大切にしたくなるのですよね。

 

 

感謝の気持ちに満たされる、御朔日詣りでした。

ありがとうございました✨

 

IMG_9254

 

2月のボトルは、
B99 大天使ザキエル/コズミックラビット
ペールオリーブ/ピンク

Keynote:自分を愛するために新たに開くことは、
この世におけれ自分の目的に光を当てることである。
「この瞬間に私は自由になります」


☆コメントはこちらにどうぞ☆