考察 第2チャクラ:オレンジの充実

投稿者: | 2014年8月18日

7つの手放しとチャクラの考察:セカンドレベルについて

 

(ちょっと長い文章になります)

 

チャクラとは、肉体と密接な繋がりのある、エネルギーセンターです。

 

イクイリブリアムボトルでは、

 

B041.jpg

 

B26 ハンプティダンプティ(オレンジ/オレンジ)

 

 

 

ちょうどこのボトルは、手放しの7つのレベルで “セカンドレベル”となります。

 

補色は、

2010-01-03 02.24.09-7

 

 

 

B2 ピースボトル

 

 

 

第5チャクラ に対応します。

 

 

それ以外に、頭頂部の第7チャクラと連動しているのも、第2チャクラ。

 

ちょうど、先日使い終わったのがセカンドレベルのB26です。

 

脳をたくさん使う仕事を極限まで繰り返すということを
体感してきて、思うことは。

 

あるレベルを超えたところで、脳の空間の広がりというものが
とても狭くなります。
そして、大切な松果体が活動しにくくなるということなのです。

この松果体は、ちょうど第6チャクラの裏側に位置していて
体内時計をうまく動かす役割もあり、
レムリアンヒーリング®では、シグネチャーセルのスイッチがあるところ。

 

 

頭を使いすぎると、

現在をしっかりと捉えることが難しくなり(“今ここ”に居れない)

未来を描くことも、ある程度までしか出来なくなってしまうのだな〜と

実感しました。

 

そして、自己免疫力も力を失って行き、どちらかというとネガティブな思考に傾きやすくなる。
直感というようりも、理論づけたものでなければ、理解しにくくなるというのかな。。。
自分自身の考えすらも、画一的になっていくような感じなのです。
そんな中でも、毎日を新鮮に、フレッシュに向かえることを意図して過ごしてきました。
たぶんこの意図がとても良かったのだと思います。
どんな状況にあれ、私は光を見出すことのみを意図しつづけたのです。
(これが、ある意味、救いになっていたのかも!?)

こういった意図がなければ、ただただ疲れきって、エネルギーを消耗して
たぶん、何を考えるにも、恐れ だけが全面に出て来てしまって、
未来を不安にしか思うことが出来なくなっていたでしょう。

 

未来を描くには、過去の経験の中で、必要なところをだけを選び出し
可能な新しいアイデアへと組み合わせ直すようなもの。
そこに、直感というエッセンスが加わり、【新しいアイデア】として浮上して
どのように達成するのか!?という行動への道筋を立てて、実行に至る!という感じでしょうか?

これが、第7チャクラ、第5チャクラ、第2チャクラ が連動して働く軸の部分です。

 

 

私の経験談になりますが・・・・

手放しのレベルは、B13からスタートします。

しかし私には、セカンドレベルのB26が必要に思えたのです。

使い終えたときに、下腹の辺りが常に冷えている感じがして

何をするにも、何を考えるにも

どんな小さな決断ですら、ままならないというようになって行きました。

 

下腹のあたりには、女性は子宮がありますね。

私は、そこに一塊の大きな筋腫が出来てしまったのです。

 

いくら寝ても寝ても、気力が回復しない。

やる気が起こらない。

何も出来ないわりに、ひとつのことが気になってしょうがなくなる。

 

 

これって、いよいよ更年期なのかな?

それとも、筋腫のせいなのかな?

 

どちらともわからない状況でした。
こういうのって、ちょっと不安になりますよね。

 

ちょうど、ボトルを使い終えた頃に、
あることがきっかけで、2年ぶりにお会いすることが出来た人がいます。
長年の付き合いがあり、まるでお姉さんのような人。
その人が、「お盆の初日にね、トックちゃん(うちの愛犬)が夢に出て来たの。
だから、会わなくちゃと思ってね。」と連絡をくれました。

 

そして、手にしていたのは「エジプト産のゼラニウムのエッセンシャルオイル」
とてもさわやかな香りがして、「使ってね」といつもの優しい笑顔でプレゼントしてくれました。
そして、次に使う予定が 3thレベルの、エジプシャンボトルというのも面白いところ!

 

頂いた日から、下腹と足首にしっかりと塗りました。

同時に、エジプシャンボトルも。

 

ゼラニウムは、ホルモン調整にも良いエッセンシャルオイルです。
これを塗っていると、お腹全体がとても暖かくなります。
内側からぽわんと暖かくなり、とても質の良い眠りを誘います。

 

セカンドレベルの B26を使い終わって、私は脳と第二チャクラの密接な関わりに気がつきました。

どちらが先。。。というわけでなく、チャクラはリレーションしています。

どちらかが、どうかなれば補うようにそのチャクラが働きます。
それを繰り返しているリレーションです。

 

50mlのイクイリブリアムボトルを使い終わることで、
いまの自分自身に起こっている変化に気がつきます。
それを、どうのこうのするわけではなく、
ただ、受け入れるということ。
それだけをしてみました。
無理をさせず、起こるがままの感情を傍観しつづけること。

 

そして、第二チャクラのケアをすること。

 

そうする時間のなかで、気がついたことが!

それは、自分を偽らないということ。

相手が気持ちよくなるように、
話しをしたり、振る舞ったり、平気な顔をしていたり。

 

ここ数日の私は、ちょっとわがままなのかもしれませんが

・やりたくないことはしない。

・疲れたことは疲れたと言う。

・むやみに笑顔を作らない。

・一生懸命に下調べ(準備)をしない。

・時間をきっちりとは守らない。

・先延ばしにしてもいいやと思うことは、先延ばしにする。

・いますぐに出来ないことに罪悪感を持たない。

 

どれも、いいこと ではありませんが。
私は「誠実である」と思って、こんな風にしたことがなかったのです。
どれかが、キチンと出来ていないと『罪悪感』を持ち、後あと気にしてしまっていました。
自分のその場その場の状況に合わせて生きてみることも、
人生たまにはいいか〜と思うように勤めました。これは「自分に許可した」とも言えます。

(注)あくまで、私の意識の問題であって、出来てない、横柄な私もいましたので(笑)…軽く流してくださいね。

 

 

 

 

自分自身をしっかりと顧みたとき

自分をありのままで生きることを許可すること

チャクラのケアと、肉体(子宮と腸)のケアをしっかりとすること。

 

このことで、私のセカンドチャクラは、充実してきました。

エネルギーが満たされて行く感じです。

何かをしようと思うときに、粘りが出て来て続けることが出来るようになったり。

ひとつのことだけが気にならなくなったり。

肉体と、サトルボディが、ゆっくりと統合されて行く感じです。

 

 

 

 

B26は、別名「エーテルレスキュー」といいます。

セカンドボディ(オーラと呼ばれる部分の肉体に近いところ)のエーテル体は

過去の記憶が残されているところでもあり、

エネルギーの充実を図る場所でもあり、

慶びという感情や、執着という感情を表現するところでもあり、

とても重要なボディです。

 

ここが疲弊していまっていると、「やる気」が出なくなり

「考える」という思考がまったく働かなくなり

時間を司る 松果体も活動が鈍くなってきます。

 

 

 

必要なものがやってくる!ということなのでしょうね。

自分自身のケアをしっかりしよう〜と思っていたところに

B26エーテルレスキューを使うことになり

ゼラニウムでしっかりとマッサージを行うことが出来るようになり

気力、体力の充実とともに、自分自身に素直になれるということ。

 

 

 

 

他人(ほかのひと)を中心に見るのではなく、

私(じぶんじしん)を中心に見るようになること。

 

そのことを、第2チャクラは、司っているなと思います。

(ここ、親子の関係もかかわっているのですよね)

 

 

一度ケアしたからいいのではなく、
時折、繰り返しケアする必要がある場所です。

自分自身を見つめ直すためにも、

ぜひ、第2チャクラのケアは、しっかりと行ってくださいね。

 

 

 

 

このチャクラについては、ものすごーく深いリレーションがあり、

こんなに書いても。。。まだまだ説明出来ないくらいなので

いつか、チャクラの探求ワークショップでもしようかな〜と思いつきました!

 

まとまりがつかないままに、こんなに最後まで読んでくださって

ありがとうございました!

最後に
愛犬のトックは、先日虹の橋を渡り、いまは私のガイドとして見守ってくれています。
そのトックに、心から感謝をする出来事がたくさん起こっています。

どうか、小さな家族を迎えるときには、ペットと割り切らずに、大切に育て、どうやっても寿命は短いのですから、見送れる最後の時まで、家族として愛して欲しいと思います。

☆コメントはこちらにどうぞ☆