ブログ

大天使ザドキエル〜平和の光〜

大天使ザドキエル

平和の光

Linda M. Robinson, 2015-9

Lightworkermike.comさんより転載)

IMG_0026

 

 

こんにちは、皆さん。

大天使ザドキエルです。レディ・アメジストと一緒に来ました。私たちは変容と実現の第7光線です。また、ハトホル、シリウス人、アークトルゥス人、光の天使界のホストも一緒に来ています。私たちは一緒に光のメッセージを伝えて、光が分かち難く結びついていることをお話ししたいと思います。今日は、「平和の光」になることについてお話ししましょう。

高次のエネルギー波が次々と地球に到達しており、スピリチュアルな道を早足で進む機会が提供されています。また、この時、「平和の光」として多次元レベルで奉仕する機会にもなります。

普段、接する人の中には、このエネルギー転換を知っている人もいれば、知らない人もいるでしょう。シフトは、知っているか否かに関わらず起きており、高いエネルギーに繋がり、落ち着き、穏やかな感覚でいることによって、「平和の光」になることができます。

高次元のエネルギーには、純粋な意図と最高善の願いで繋がることができます。意図すると、その意図通りに現れる舞台を整えます。意図がエネルギーのパターンを決め、同じような波動エネルギーを引き寄せます。平和と最高善を意図すると、高次元の光の存在がやって来てその意図の実現をアシストしてきます。

意図を定めた後の次は、思考と感覚を最高レベルに保つことです。意図によってポジティブに考え、意識を波動の高いことに向け続けることができるようになります。気持ちの状態は、思考と同じようなレベルの波動になります。

そうなった時に、高次元のエネルギーに繋がって、そのエネルギーをクラウンチャクラからハートセンターに降ろすことができます。ハートは「平和の光」になる中心です。その時に、その高いエネルギーに愛の波動を刻むことができます。すると、体全体にそのエネルギーが浸透します。平和と愛を意識すると、細胞や組織、器官はこの愛と平和のエネルギーを運びます。自分自身が、平和の輝きを放ち始めるのです。

そうなった時に、ますます内面重視の姿勢になり、外で起こることにすぐさま反応することはなくなります。心の中の状態が、自分の神聖なスパークと大いなるすべてに結びついたかのようになります。

その時に、平和の波動は、あなたから外に放たれ、周りの人の幸せを願います。あなたの輝きは多次元にまで輝きを発します。

あなたは「平和の光」で輝くのです。あなたは、最高の「愛と光」の力になります。

内面を「平和の光」にしておく方法はいろいろあります。毎日、そのように意図することはその一つです。瞑想したり、静かな時間を持ち、内面に意識を向けると平和の意図を持ちやすくし、神聖なスパークと大いなるすべてに繋がりやすくなります。その時に気分を改めリラックスするのです。そこが自分の神聖な場になります。

もう一つは、清めたいところがあるのかどうか、一日を振り返る方法です。その時に、涼しげで、新鮮で穏やかなエネルギーのバイオレットの炎を呼んで行うことができます。バイオレットの炎が感じられたら、もっと平和で安心した波動に変わることが分かるでしょう。

この時に、自分に対して優しくなることが大切です。自分に変えたいところがあれば、先ずは、改めたいところについて自分を許すことです。それから、その許しを他の人に広げてください。それぞれの人が自分の道を歩き、毎日課題を学んでいます。課題を知り、その課題から引き出される知恵を身につける時に、進歩して、心の中を穏やかにしていくことができます。

意図を「平和の光」にし続ける際は、平和で穏やかになれる、自分に合う方法が全身で分かります。

内面の穏やかさ、「平和」を意識すればするほど、その意図はますます強くなります。

あなたの中心は、「平和の光」で輝きます。同じように「平和の光」を放つ他の魂の巨大なネットワークに繋がります。そして、「光と平和」の美しいグリッドが地球を覆い、多次元へと広がります。

皆さん、「平和の光」の輝きを放って私たちと一緒になっていることをうれしく思います。

皆さんはとても愛されています。そのことを知っておいてください。

私たちは、大天使ザドキエルとレディ・アメジストです。皆さんを愛で包みます。

そして、そうなります。

 

All Rights Reserved Linda M. Robinson,
http://www.PersonalPathwaysOfLight.com.

関連記事

コメントは利用できません。

『わたしを愛するいきかた』コラム

ブログ的なコラムです。
メールで更新を受け取りたい方は
こちらから登録してくださいね

虹色コラム

ページ上部へ戻る