ブログ

飛び跳ねる、イスラフェル


こんにちは!
ブリリアンスドロップのコガジュンです。

12月14日に誕生した『大天使イスラフェル』詳細はこちらから

上層:ターコイズ
下層:ミッドトーンターコイズ

見た目も・・・

 

10433861_619621734810428_7501185959601454148_n-199x3002010-01-03 02.24.12-9

B33ドルフィンボトルのひっくり返った感じですね。

 

まるで海面をジャンプしているドルフィンみたい

 

 

 

「イスラフェル」とは?

ググってみますと・・・こんなことが出てきました。

イスラム教において、最後の審判時にラッパを吹く役目を務める。別名イスラフィール、サラフィエル。「四枚の翼を持つ」「大地から神の玉座まで届くほどの長身」「神の創造物の中で最も美形」と言われている。言わば背の高いイケメンである。ただし全身が髪の毛、目、舌で覆われていてその上からベールを被っている説もある。
イスラフェルは一日に六度、地獄を見下ろす。地獄で過酷な責めに遭う人間たちを見て、イスラフェルは心を痛めて涙を流す。が、その涙の量が尋常ではなく放って置けば地上が洪水になってしまうほど。よって神は地上が水浸しにならないよう常に注意しないといけないという。また彼は音楽を司る天使で、ラッパ(またはトランペット)を持つ。蜂の巣状になった動物の骨で出来ており、蜂の巣穴一つ一つに死者の魂が眠っている。最後の審判の日にはエルサレムの聖なる岩の上でラッパを吹き、死者を蘇らせる。そして最後の審判でイスラフェルは業火に焼かれてしまうのだが、後にアッラーによって復元される。ちなみにイスラフェルは「燃えている者」を意味する。

また別のイスラムの民間伝承では、アッラーが最初の人間アダムを作るために必要な「七色の塵」をイスラフェル、ジブリール、ミカイル、アズラエルが取りに行く事になった。しかしアズラエル以外は七色の塵の持ち主に騙されて持ち帰れなかった。

こちらから引用)

 

音楽の天使
復活と歌の天使

 

と呼ばれるそうですね〜。

そして、「新世紀エヴァンゲリオン」に登場するらしい。

Unknown-2

 

昼に三度、夜に三度、地獄を見下ろし、悲しみに身もだえして涙するというのだが、その悲しみのあまりの涙の水量は、アッラーがその流れを止めなければ大地が水浸しになるほどだという。さらに彼は預言者ムハンマドに同行者として三年間仕え、ムハンマドに預言者としての仕事の手ほどきをしたとされ、その後にジブリール(ユダヤ・キリスト教の大天使ガブリエルに相当)がその仕事を受け継いだという。

 

さすがに、アニメ界はすごいですよね〜。

 

イスラフェルを知りたいと思ったら、ぜひ検索してみてください。

 

 

20090516_649132

images-2

images-3

 

 

 

アリエルのハートからのイニシエーション

 

12月14日は「72の天使」ではハートエンジェルがAriel(アリエル)です。

ボトルでは、

2010-01-03 02.24.11-5B23 Love&Light

 

そして、同じく12月14日誕生のボトルたちは

B107 大天使ツァフキエル
B108 大天使ジェレミエル
B111 大天使ダニエル

です。

2009年大天使ツァフキエルが誕生したときに書かれていたことから、すでにイスラフェルへの流れは、始まっていたのだと考察出来ます。

12月14日がアリエルのハートへの影響に関連する日であるため、アリエルのライオン(イクイリブリアムボトルのB23に対応)とツァフキエルの出現とのつながりは、B107の誕生を通して私たちにやってくるものが、心優しいライオンハートの愛の力と目的であることを示唆します。それは、個人的そして集合的な個性化の過程で私たちをゴールドの存在へ錬金術化する愛といえます。つまりツァフキエルは、私たちが愛の気持ちを愛の目的と献身へと拡大するよう誘います。この拡張した愛は、かつて私たちであった全てが、私たちがなるであろう全てと和解し調和する可能性をもたらす慈愛の大海を保ちます。その愛は、私たちが道の脇によけるのではなく、道そのものになるようにと求めます。その愛は、出来事、出会い、何故どのように行うのかという日常生活で小さきものにエネルギーを与えるだけではなく、私たち個人の個性化を、周囲の人たちの個性化との協調へ、究極的には集合的な地球‐ハート(Earth-Heart)の進化の中にいる全ての人たちへと推進・拡大します。(大天使ツァフキエル誕生のメッセージより)

 

 

2009年の時点

『もし真実が私たちの目的の「何」であるならば、愛は、私たちの真実がどのように表現されるかを照らす「道」と言えるでしょう。』
『ツァフキエルは私たちが古いカルマのパターンや、人生の目的を達成するために押したり引いたりする意図的な努力から、そっと抜け出すことを助けるでしょう。私たちが状況に同一化しすぎたり疲労したとき、自分の大いな
る目的の視野を失ったとき、B107のターコイズのレスキューの側面は、展開の恩恵と成就への流れに単に私たちが一歩踏み出すことを許すその素晴らしさに、私たちを誘うでしょう。』

 

2014年の時点

『ハートからの創造的なコミュニケーションのプロセスである個性化のプロセスのターコイズに、私たちが上層において意識的になるとき、自分自身のゴールドの領域に横たわる何かに触れることができる状況が生まれます。
私たちを通して起きる真の自己のコミュニケーションによって、私たちの内側にあるロゴスが再活性し、私たちは「道」になるのです。』

 

そして

私たちが求めそして与えられたギフトの素晴らしさを、私たち自身が認識するときがやってきています
特に、それがどのような形で自分にやってこようとも、私たちの持つ創造性を使うことであり、それによって、私たちがすることを通して、もしくは私たちが求められていることを通して、創造的な流れが生じます。「アイアム」に目覚める感覚です。

 

いま、私たちが自分自身の中で感じている

苦み

痛み

手放しへの喪失感

新時代への不安

それらを全て乗り越え・・・テストを超えて、

「これが私自身である!」と声に出して

音として、表明する時なのかもしれないと思います。

 

アリエルのライオンハート。

超然とし続けること、

それは

自分自身を超えること

本質に出会って行くことへの決心。

 

そんなものなのかも知れません。

 

 

大天使イスラフェルが手元にやってくる時が待ち遠しいですよね


関連記事

コメントは利用できません。

ニュースレターを購読します

虹色コラム

ページ上部へ戻る